windows10でJIS/USキーボード設定を切り替える

日本語JISキーボードと英語USキーボードを切り替える。(windows10)

設定で切り替えてもいいが、手間がかかる。 なので、ule4jisという単体のプログラムを利用することにした。

使っているキーボード

いまだにこれを使っている:

Amazon | Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード iOS/Android/Mac/Windows対応/長時間稼働 ホワイト テレワーク リモート 在宅勤務 | Anker | 家電&カメラ
Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード iOS/Android/Mac/Windows対応/長時間稼働 ホワイト テレワーク リモート 在宅勤務が家電&カメラストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

多分壊れてもリピートするかも。それほど便利。キータッチなども気にならない。

これはUSキーボード。JISキーボードと切り替えることがあるなら、下で紹介するule4jisなどが入り用だろう。

ule4jis

USキーボードの動作をエミュレートしてくれるアプリケーション。1の左にあるバッククォートがきちんと動作してくれる。結構使うのでありがたい。

READMEに載っているURLが存在しないようなので、リンク先などは用意できないが、プログラム名で検索すればすぐに出てくる。 自分の場合は、vector.co.jpからダウンロードした。

インストール作業や設定作業はなく、exeを実行すればいい。タスクトレイに常駐する。タスクトレイアイコンからできることは、右クリックメニューを押すことのみ。次のようなシンプルなメニューが表示されるだけ:

ule4jisのメニュー

開始・停止・再起動・終了しかない。これだけあれば十分。 自分のwindows10では一度この右クリックメニューを開くと、項目を選択しないと閉じられないようなのが、若干使いづらい。意図せずに開いてしまったときは再起動を押すようにしている。

もし削除したくなったらそのまま作業なく消せる。こういうシンプルなのは良い。

仕様上の限界・回避策

ule4jisを使う上で衝突しそうな問題について書き留めておく。

どうしようもない問題

ule4jisを使うなら避けられない問題はある。 READMEにも書いてあるが:

キーボードフックを利用するアプリケーションと同時に利用すると、正しく動作しない可能性があります。

これは仕方がないものだろう。そういうことがあったら停止しておく。

回避策がある問題

ほかに気になったのは、exeをもう一度実行すると、多重起動防止のため、すでに起動されています。のメッセージが表示されてしまうこと:

既に起動されていますのメッセージ

個人的にはここは、エミュレーションの開始・停止のトグルをしてくれると使いやすかった。

自分の場合、タスクトレイの右クリックより、windowsキー押下してule4jisと打ち込んで(予測変換で最後まで打たなくてもいい)、Enterする方が大体早いからだ。 他のランチャーなどショートカットで起動する場合も同じ。 この問題は自前.batファイルで一応何とかできる問題ではあるので用意した:

@echo off

setlocal

set path_ule4jis=<Ule4Jis.exeのファイルパス>

tasklist | find /I "ule4jis"

if %ERRORLEVEL% equ 1 (
    echo "ule4jisは起動してないので起動"
    start %path_ule4jis%
) else (
    echo "ule4jisは起動中なのでkill"
    taskkill /im Ule4Jis.exe
)

.batファイルはShiftJISCRLFにしておこう。LFのままで若干時間をつぶした。改行コード設定が正しくないと:

FIND: パラメーターの書式が違います
'EVEL' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。
'ule4jisは起動してない"'' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。
'SE' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

などとどこが間違っているか分からない感じになるので、そんなエラーが出たら改行コードの設定を疑っておく。windowsはCRLFを使う、と覚えておこう。

脱線したが.batファイルの実行でトグルできるようにしたので、1つ問題は回避できた。

上の.batファイルは、(分かりやすいように)ule4jis.exeと同じフォルダに置いておく。ファイル名は何でもいいが、windowsキーを押したあとにule4と打つなら、それに近いファイル名にしておく方が個人的には使いやすい。

ule4jisのサーチ結果

ule4jis_wrapper.batというファイル名にした場合は上のようになる。名前を工夫すれば、第一候補にもできるだろう。

おわり

windowsはキーボードを1つずつ認識してくれないのかな、と思いながらule4jisを使い始めた。もしかしたらあるのかもしれない。もしそんなのを見つけたら更新しておきたい。

.batファイルは、あまりに久しぶりで記法が難しかったが、まあ何とかなるものだ。コマンドにパラメータ/?をつければ、大体のヘルプは見られる。CRLFだけは気をつけたい。

以上です。Ule4JIS便利です。

タイトルとURLをコピーしました