anyenvの導入を検討した(検討しただけ)

anyenvに移行しようと思ったが中断した。一応メモを残しておく。

*envを複数インストールし始めると、.bash_profileに追記するのも面倒になってくる。 anyenvを導入すれば、anyenv用の記述1つで済むので楽だ。

anyenvについてはこちら: anyenv/anyenv: All in one for **env

現状の確認

現在インストール中の*envは以下。

  • pipenv // これは違う
  • pyenv
  • pyenv-virtualenv // これはもう使わない?
  • rbenv

しかし、pipenvはバージョン管理ツールではなく、パッケージ管理ツールなので、pyenvを通してインストールし直すことにする。

pipenvのドキュメントPipenvと仮想環境 — pipenv 2018.11.27.dev0 ドキュメントが参考にする。

pyenv-virtualenvpipenvを使い始めるまで使っていた仮想環境管理用ツール。依存関係もなさそうなので削除していいだろう。

ということは、anyenvの管理下になるのは、pyenvrbenvだけ。

移行

簡単な流れは、

  1. 既存のpyenvrbenvアンインストール
  2. anyenvのインストール
  3. anyenvを介してpyenvrbenvのインストール
  4. anyenvpyenvを通してpipenvをインストール

1は、homebrewでアンインストールすればいい。

2は、homebrewでインストール。

3は、anyenv - All in one for **env | anyenv.github.ioを参考にインストールすればいい。

4は、3まで正常にできていれば、pip install pipenvでいいはず。

中止

結局、anyenvはインストールしないことにした。 その理由は、pipenvpyenvが現状のまま使えるか微妙なためだ。(復帰が面倒)

それに個人的には、別に~/.bash_profileが多少長くなってもいいと考え直したためだ。

This repository is under development.というanyenvの記述も少し気になる。

これまで*envを入れていない人(環境)がこれから*envを入れようとするなら、anyenvの導入を考えるのは良いと思う。

タイトルとURLをコピーしました