CやSEタイプのプラグを日本で使う変換プラグを探した

日本国内で外国製品のプラグを使うための変換プラグを探した。

紛らわしいタイプ(C/SE)がある

プラグというかコンセントのタイプが色々あるようだが、使いたいのはSEかCだと思う。

だと思う、というのはどっちなのか確証がないため。 調べて見るとSEというタイプが存在しなかったり、存在するというのを見たりと、よく分からなくなってしまったからだ。

タイプごとの説明

日本のはAタイプで、平たい板が2枚ついているおなじみの形。ちなみにアース付きのものはBタイプ。

Cタイプは、2本の丸型のピンがAタイプの平板と同じようについているもの。(平行ではなく、少し内側に向かって伸びているようだ。) 最大電流は2.5Aらしい。ピンの直径は4.0mm。4.8mmのも差し込めるようになっている。

SEタイプもCとほぼ同じでしかし、ピンの直径がわずかに異なる(4.8mm)というもの。フランスとドイツのE,Fタイプのアースなし版と考えられる。 どうやらSEは日本独自の呼称かと思われる。

【電源プラグ】CタイプとSEタイプの違いについて|地球の歩き方[旅のQ&A,旅仲間募集掲示板]が非常に参考になった。

両方に対応している変換プラグを見つけた

どちらのタイプの変換プラグを買えばいいものかと思ってAmazonを探していると、なんと両方に対応したものがあった。

こちら↓

Amazon.co.jp: 国内用変換プラグ ヨーロッパ(SE/C)タイプ→日本(A)タイプ 国内で海外の電気製品が使える 1個セット(白): ホーム&キッチン
Amazon.co.jp: 国内用変換プラグ ヨーロッパ(SE/C)タイプ→日本(A)タイプ 国内で海外の電気製品が使える 1個セット(白): ホーム&キッチン

最大耐圧電流:250V~10Aとあり、割と大きなアンペアで流せる。2.5A以上流せるならCタイプではないものでもいいということだろう。 これはちょうどいいということでポチッとして、便利に使えた。

変換プラグの品質によっては、平板の厚みが若干薄く、コンセントへの差込がスカスカになってしまうものもあったが、これは全然問題がなく、しっかりと差し込んだ感触があるものだった。使いやすい。寿命のほどは不明。壊れることがあったらこの記事へ追記しておきたい。

電気製品系はアンペアとかも気にしないといけない、ということは覚えておくといい。 たとえば、2Aの給電できるのに、1Aしか流れてこなければ機能が発揮できなくなったりする。充電なら時間がよりかかる。

以上おわり。

タイトルとURLをコピーしました