dropboxに加えてmegaも使うようにした

dropboxとmega

  • 2020/05追記
    • megaスマホ版・iPad版などがテキストファイル編集に対応したので再評価。

経緯

PCを新調してdropboxを使おうと思ってインストールして起動すると、なんとリンクできるデバイスは3台までと云う台数制限に引っかかっているためログインできない自体に遭遇した。そういえば結構前に制限されるってネットニュースで見たなあ。

これを何とかするには、他のデバイスのリンクを解除するか、有料プランに変更するかしかない。

他のデバイス…スマホ、タブレット、Macbookでもうあふれる。どれもまだ使っている。 解除できない…じゃあ有料プランはどうなんだと価格を見てみる。

月1200~1500円(年払いまたは月払い)…高い気がする。2TBも使わない人たちのことを考えてほしい。台数制限がないだけでいいのに。

これはサービスの乗り換えの時期かと思い始めて他のサービスを見てみると、megaというのが目にとまった。無料プランで容量が50GB以上ある。助かる。台数制限もないみたい。まずは使ってみることにした。

MEGA
MEGA provides free cloud storage with convenient and powerful always-on privacy. Claim your free 50GB now

要約

megaのデスクトップ版はdropboxの代わりとしては個人的に十分だが、スマートフォン版はテキストの編集ができないため、個人的には使い物にならない。

megaもdropboxもほとんど同じように使える。無料プランで容量が大きい・台数制限がないことを考えるとmegaを使った方がいいと感じた。

dropboxとmegaを使い分けることにした。dropboxは重要ファイルのバックアップで使いたいと思っている。

megaを使った印象

基本的にはdropboxと比較してみる。ときどきboxも使うのでその話も少しだけ出てくる。

PC版、スマートフォン版などがあるが、スマホ版にはちょっと難あり。

megaには容量制限とは別に転送容量制限があるようだが、dropboxではあまり表に出てこない。ないのかな?わからない。 まとめてアップロードしないから関係ないだろう。

pc版

boxと同じようにドライブにマウントされてる?いや、されてない。dropboxと同じように見える。よく見たらboxもマウントではないのか。 同期具合はdropboxとほぼ同じ印象、悪さは感じない。除外設定もあるようだし、特定のフォルダだけの同期もできる。

スマートフォン版

これがちょっと使いづらい。クラウド上のテキストファイルが直接編集できない。ファイルを編集するには、ファイルをデバイスに保存して、編集して、再びアップロードするという手順を踏まなければならない。

2021/05追記: megaでもテキストファイルの編集ができるようになった。そのためどちらも大体は同じ使用感で使える。

dropboxでは直接開けて編集できて保存できるので便利。

megaは編集なしの閲覧もメディアファイルはできるがテキストファイルは閲覧できない。

なぜか設定画面で勝手に設定が切り替わってる気がする。開かないように気をつけている。これもなくなってる気がする。そもそもなかったかも?設定画面開いた時にアニメーションするせいでそう思ったのかもしれない。

編集できないならアプリ版の必要はない。よって消す…予定。まとめると、

dropboxmega
PC版
スマホ版テキストファイル×

といった感じ。スマホ版はメディアなどの閲覧専用と思っておいたほうがよさそうだ。どちらも同じように使える。

結論

両方を使い分けることにした。スマートフォンで編集する可能性のあるものはdropboxに入れておく。 PCで使うようなものはmegaに入れておく。

どっちでも使うようなものは…どうしよう。なるべくどちらかで使うようにしようか。

megaのスマートフォン版の使い勝手がよくなることを願っておく。もしくは、dropboxの台数制限のみ外す有料プランの出現でもいい。

2021/05追記: megaがだいぶ良くなった。dropboxの方はmegaのバックアップとして使うのもありかもしれない。重要ファイルをmegaからdropboxに自動でバックアップするようにするスクリプトが欲しくなってきた。

mega、おすすめ。

以上です。


広告

Dropbox Perfect GuideBook | 大重 美幸 | 工学 | Kindleストア | Amazon
Amazonで大重 美幸のDropbox Perfect GuideBook。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
タイトルとURLをコピーしました