Mac High Sierra Bootcamp上でWindowsを使うまでのメモ

MacBootcampアシスタントを使用して、Windowsをインストールする。

環境

  • macOS High Sierra 10.13.2
  • Boot Camp アシスタント.app 6.1.0

必要なもの

始める前に

  • 重要なファイルはバックアップを取ること
  • モバイルPCならば、充電しながら行うこと
  • macOSのソフトウェアアップデートがあれば、適用しておくこと

準備の前のバックアップのために

外付けHDDにバックアップを作成しようと思って、まずは外付けHDDのパーティションを分割しようと思ったら、 すこし手間取ってしまった。次の記事がとても参考になりました。 macOS High Sierra で 外付けハードディスクをフォーマットする - さんさろ

表示のところですべてのデバイスを表示を選択しないと外付けHDD自体を選べない。 全てのデバイスを表示させて外付けHDDを選択したら、消去からパーティションの設定ができた。

Tips

  • 初回にTime Machineでバックアップを作成するときは、速度向上のため、アンチウイルスソフトのリアルタイム保護をOFFにする。
  • Bootcamp中のパーティション分割で失敗するのは、連続した空き領域が不足しているため。なので巨大な1つのファイルを削除すると、結構連続した領域ができたりする。(無保証)

Bootcampの良くない点

  • macOS High Sierraでは、APFSというファイルシステムを使っているが、Bootcamp上のWindowsでは認識できない。そのため、macOS側のストレージにアクセスできない。逆方向のアクセスは可能だった。
  • OSの切り替えに再起動が必要。しかもHigh SierraではWindows側ではmacOSを認識しないため、再起動時にOptionキーを押していないといけない。

自身の利用目的と良くない点のバランスを考えて使ったほうがいいと感じた。Bootcamp側で認識しないのは、そのうちアップデートされてほしい。

タイトルとURLをコピーしました