MacTexのアンインストール

投稿者: | 2018-05-07

MacTeXでインストールしたものを削除する。

インストールには、Homebrewを使っていない。MacTeX.pkgを使ってインストールした。

アンインストールについては、Uninstalling - MacTeX - TeX Users Groupが参考になる。

どうやら、それぞれまとまったフォルダに収まっているようなので、各々削除していけば良いようだ。

TeX本体の削除

/usr/local/texliveを丸ごとゴミ箱へ。パスワードを聞かれたら入力する。

TeX関連のGUIアプリケーションを削除

/Applications/TeXを丸ごとゴミ箱へ。パスワードを聞かれたら入力する。

TeXディストリビューションの構造データの削除

/Library/TeXを削除。ただし、他のTeXディストリビューションのものも全て消えることに注意

Ghostscriptを削除

これは面倒。参考サイトによれば、

One way to proceed is to open the MacTeX-2018 install package and select "Show Files" from the resulting "File" menu of Apple's installer.
This will give a complete list of files installed, and their install locations. 
Find files related to Ghostscript and remove them.

とあるが、pkgファイルはない。/Application/TexSetup-<YEAR>.pkgがあったが、一覧にGhostscript関連のものは表示されなかった。

なので、/usr/local/bin/usr/local/shareにある関連していそうなファイルを削除する。

適切なインストーラがあれば、以下なども参考になる。

/usr/local/share/ghostscriptと以下のリストのものを削除する。

自分の環境と、後者の参考にあるリストを比較してみると、以下のようになった。

# リストメモ 後ろの`#`以降は自環境にあるかどうか。

# エイリアスでないので、少しはわかりやすい。
# /usr/local/bin/dvipdf # ある
# /usr/local/bin/eps2eps # ある
# /usr/local/bin/font2c # ある
# /usr/local/bin/gs-X11 # ある
# /usr/local/bin/gs-X11-64Bit # 無
# /usr/local/bin/gs-X11-Yosemite # ある
# /usr/local/bin/gs-noX11 # ある
# /usr/local/bin/gs-noX11-64Bit # 無
# /usr/local/bin/gs-noX11-Yosemite # ある
# /usr/local/bin/gsbj # ある
# /usr/local/bin/gsdj # ある
# /usr/local/bin/gsdj500 # ある
# /usr/local/bin/gslj # ある
# /usr/local/bin/gslp # ある
# /usr/local/bin/gsnd # ある
# /usr/local/bin/lprsetup.sh # ある
# /usr/local/bin/pdf2dsc # ある
# /usr/local/bin/pdf2ps # ある
# /usr/local/bin/pf2afm # ある
# /usr/local/bin/pfbtopfa # ある
# /usr/local/bin/pphs # ある
# /usr/local/bin/printafm # ある
# /usr/local/bin/ps2ascii # ある
# /usr/local/bin/ps2epsi # ある
# /usr/local/bin/ps2pdf # ある
# /usr/local/bin/ps2pdf12 # ある
# /usr/local/bin/ps2pdf13 # ある
# /usr/local/bin/ps2pdf14 # ある
# /usr/local/bin/ps2pdfwr # ある
# /usr/local/bin/ps2ps # ある
# /usr/local/bin/ps2ps2 # ある
# /usr/local/bin/unix-lpr.sh # ある
# /usr/local/bin/wftopfa # ある

# ここのフォルダはまとめて消せる
# /usr/local/share/man/de/man1/dvipdf.1 # ある
# /usr/local/share/man/de/man1/font2c.1 # ある
# /usr/local/share/man/de/man1/gsnd.1 # ある
# /usr/local/share/man/de/man1/pdf2dsc.1 # ある
# /usr/local/share/man/de/man1/pdf2ps.1 # ある
# /usr/local/share/man/de/man1/printafm.1 # ある
# /usr/local/share/man/de/man1/ps2ascii.1 # ある
# /usr/local/share/man/de/man1/ps2pdf.1 # ある
# /usr/local/share/man/de/man1/ps2ps.1 # ある
# /usr/local/share/man/de/man1/wftopfa.1 # ある

# /usr/local/share/man/man1/dvipdf.1 # ある
# /usr/local/share/man/man1/font2c.1 # ある
# /usr/local/share/man/man1/gs.1 # ある
# /usr/local/share/man/man1/gslp.1 # ある
# /usr/local/share/man/man1/gsnd.1 # ある
# /usr/local/share/man/man1/pdf2dsc.1 # ある
# /usr/local/share/man/man1/pdf2ps.1 # ある
# /usr/local/share/man/man1/pf2afm.1 # ある
# /usr/local/share/man/man1/pfbtopfa.1 # ある
# /usr/local/share/man/man1/printafm.1 # ある
# /usr/local/share/man/man1/ps2ascii.1 # ある
# /usr/local/share/man/man1/ps2epsi.1 # ある
# /usr/local/share/man/man1/ps2pdf.1 # ある
# /usr/local/share/man/man1/ps2pdfwr.1 # ある
# /usr/local/share/man/man1/ps2ps.1 # ある
# /usr/local/share/man/man1/wftopfa.1 # ある

binフォルダ内にあって、manフォルダ内にないものは、man内でリストにあるファイルにリンクが張られている。

後から気が付いたこと

整理し終わってから、Macのシステム環境設定にTexの何かがあったことを思い出した。

そこからまとめて削除できたりしたかもしれない。

整理後もシステム環境設定にTex Distributionのアイコンがあったが、何もないので、何も表示されなかった。なので、アイコンを削除した。

コメントを残す