Mac TrueCryptからVeraCryptに移行(変換も出来る)

TrueCryptは何やら脆弱性があるそうなので、VeraCryptを使うことにした。移行について。

どうやらTrueCryptで作成したコンテナをそのままVeraCryptで使えるようだ。 インストールしてみて変換もできたのでメモを残しておく。

インストール

インストールしたもの

  • FUSE 3.7.1
  • VeraCrypt 1.21

VeraCryptは以下のDownloadsで入手可能。
VeraCrypt - Free Open source disk encryption with strong security for the Paranoid

FUSEは上のVeraCryptMac版のダウンロードリンクの下にリンクがある、が一応載せておく。 Home - FUSE for macOS

TrueCryptの互換・変換

VeraCrypt 1.0f以降はTrueCryptで作成したファイルがそのまま使用できる。確認した。 ただし、TrueCrypt modeを有効にする必要がある。

DocumentationConverting TrueCrypt volumes and partitionsの項目で変換について記述がある。 DocumentationVeraCryptを起動して、メニューのHELPから開ける。

Starting from version 1.0f, TrueCrypt volumes and non-system partitions can be converted to VeraCrypt format using any of the following actions:

  • Change Volume Password
  • Set Header Key Derivation Algorithm
  • Add/Remove key files
  • Remove all key files

上記4つのいずれかの操作を行うとVeraCryptの形式に変換される。

試しに変換してみた。手順は以下。すでにあるコンテナを変換するなら、2から実施する。

  1. 新規にTrueCryptのコンテナを作成
  2. VeraCryptでそのコンテナを選択
  3. Volume Tools...Change Header Key Derivation Algorithm...から変更を実施
  4. 次回のマウントからTrueCrypt modeのチェックがいらなくなった(というより、チェックするとマウントに失敗する)。

変更時はマウントしていても、していなくても大丈夫だと思う(自分はマウントしたままやってしまった)。 マウントしない方がいい気はする。

なお、一度変換したら、TrueCryptではマウントできなくなるので気をつけよう。

タイトルとURLをコピーしました