Python3 細々とした備忘録

また調べそうなことは、ここに追記していく
# aからzまでの文字リスト['a', 'b', 'c', 'd', 'e', 'f', 'g', 'h', 'i', 'j', 'k', 'l', 'm', 'n', 'o', 'p', 'q', 'r', 's', 't', 'u', 'v', 'w', 'x', 'y', 'z']を作る
alphabets = [chr(i) for i in range(97, 97+26)]
# 空白で区切る時は、
spl = 'some str'.split(' ')
# でもいいが、
spl = 'some str'.split()
# で十分。 intなど数値で欲しい時はmapを使う
nums = list(map(int, nun_strs))
# mapは固定長ならカンマ区切りでもいい。
a, b = map(int, [4, 2])
# a = 4, b = 2 になる
# 三項演算子
value = trueValue if SomeCondition else falseValue
# 標準入力からリストの形式の文字列を得る。終了判定は若干適当
inputs = []
s = input()
while s:
  inputs.append(s)
  try: s = input()
  except: break
print(inputs)
# 数値のリストを一括して標準出力に送る時
print(' '.join(map(str, somelist)))
# 次のようなアンパックを利用する方法もある
print(*somelist)
# これはprint関数が複数のパラメータを与えられた時に、引数ごとにstr()し、空白で区切られる仕様を利用している
# キーワード引数sepを与えれば任意の文字で区切ることができそう
# zipしたものをインデックスを付けながら取り出す
for i, tpl in enumerate(zip(list_a, list_b)):
  print(i, tpl[0], tpl[1]) # index, aの要素, bの要素になる
# zipはタプルを作ってるので、パラメータの順序で、添え字をつければ良い
タイトルとURLをコピーしました