VirtualBox 共有フォルダを設定する(Mac→Windows10)

とても簡易的メモ。文字ばかりです。

VirtualBoxで共有フォルダを利用する。

VirtualBox: 5.1.8 r111374 (Qt5.5.1)

  1. Guest AdditionsをゲストOSにインストールしていないなら、先にインストールする。
    • ゲストOS起動中にVirtualBoxのDevicesメニューの一番下のInsert Guest Additions CD Images...みたいなのを押す。
    • すると、ゲストOS側でCDが挿入されました的反応があるので、CDドライブをダブルクリックなどで起動する。
    • インストーラが起動するので、指示に従ってインストールする。
    • 再起動が促されるので、再起動するとGuest Additionsが有効になっている。(画面のアスペクト比もいい感じになった。)
  2. ゲストOS(Windows10)のVirtualBoxでの設定を開く。
    • VirtualBoxの仮想マシンリストのコンテキストメニュー(右クリックメニュー)から設定に飛べる。
    • あるいは、ゲストOS起動中ならDevicesのShared Foldersからでも飛べる。
  3. 共有フォルダタブを開き、共有フォルダの追加アイコンを押す。
  4. 共有するホスト側のフォルダを選ぶ。
  5. 自動マウントチェックボックスにチェックを入れて設定を保存する。
  6. ネットワーク共有を有効にしていれば、Explorerのネットワークの場所で共有フォルダ設定した時の名称を見つけることができる。
    • 他の方法では見つけることができなかった。

広告

Microsoft Windows 10 Home Anniversary Update適用版 32bit/64bit 日本語版 (最新)|
マイクロソフト (2016-10-07)
売り上げランキング: 6

タイトルとURLをコピーしました